2010年04月07日

<トキ>襲撃事故で検証委発足 「天敵対策甘すぎ」初会合で(毎日新聞)

 新潟県佐渡市の佐渡トキ保護センターで特別天然記念物のトキがテンに襲われ9羽が死んだ事故を受け、環境省は5日、動物や建築学などの専門家でつくる検証委員会(委員長・斉木悦男弁護士)を発足させた。同市で初会合があり、委員からは「天敵対策が甘すぎる」などの厳しい意見が出た。今月27日までに会合を3回開き、事故原因の究明と改善策をまとめる。今秋予定される3回目の放鳥は、検証結果を踏まえて判断するという。

 事故は3月9日夜から10日朝にかけて発生。同センター野生復帰ステーションの順化ケージ内で、3次放鳥に向けて訓練中のトキ11羽がテンに襲われ、うち9羽が死んだ。

 同省の調査で、08年1月には順化ケージ内にイタチが、09年2月には繁殖ケージにテンが侵入していたことが判明。関係者間で情報が十分に共有されていなかった。また、順化ケージの金網の網目が、設計寸法(天井部4センチ四方、側面部2.5センチ四方)より大きい個所が265カ所も見つかるなど、構造上の問題点も浮上している。

 この日の会合では、同省や新潟県の担当者から、07年に順化ケージが完成した際、テンなど小動物の侵入が可能かどうかを検証する動物の専門家の立ち会いがなかったことなどが報告された。委員からは、今後の対策として「すき間をふさぎ、その後も定期的に検査すべきだ」「モニターを通してではなく、目視でトキの様子を確認できるようにしてはどうか」などの意見が出た。【畠山哲郎】

 【ことば】順化ケージ

 野生復帰に向けて、放鳥される人工飼育のトキに、自然界に近い環境で飛翔(ひしょう)や餌の取り方、天敵からの退避などの訓練を行う施設。07年3月に佐渡トキ保護センター野生復帰ステーション内に完成。鉄骨と金網を組み合わせた巨大な「鳥小屋」で、高さ最大15メートル、広さ約4000平方メートル(縦約80メートル、横約50メートル)。中には棚田や池、木などが配置されている。放鳥前の数カ月間をここで過ごす。これまでに延べ46羽が過ごし、うち28羽が放鳥された。

【関連ニュース】
トキ9羽死:夜襲に慌てて金網衝突? テンは一流ハンター
小沢環境相:14日に佐渡トキ保護センター訪問
トキ:産卵の可能性…佐渡で営巣のつがい1組 環境省
トキ:石川の動物園で産卵 佐渡から分散飼育
トキ:富山から福井へ 飛来地で最南西

病院の規模で収入傾向が2極化―帝国データ(医療介護CBニュース)
日医新会長に原中氏=民主とのパイプ強調し集票(時事通信)
坂本龍馬像 迫力、展望台で大接近…高知(毎日新聞)
米大使公邸 米国にゆかりの日本人作家による現代アート展(毎日新聞)
大阪市営地下鉄 相次ぐ人為ミスに頭抱える幹部(産経新聞)
posted by シラカワ シゲミ at 21:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

原中氏当選、民主は歓迎=自民、参院選への影響懸念−日医会長選(時事通信)

 日本医師会で民主党支持を掲げる原中勝征氏が新会長に決まったことについて、民主党は「参院選に向けてプラス材料になる」(幹部)と歓迎した。一方、日医の支援を受けてきた自民党からは参院選への悪影響を懸念する声が上がった。
 民主党の高嶋良充参院幹事長は党本部で記者団に「これから医師会の協力をいただきながら、より良い医療政策を実現していけると期待している」と表明。別の党幹部は「参院選に大きな力になる。自民党支持団体を切り崩す小沢一郎幹事長の戦略が奏功した」と語った。
 一方、自民党には落胆が広がった。ベテラン議員の一人は「各都道府県の医師会の対応はばらばらだ。日医全体が民主支持で統一されるわけではない」と語ったが、「最も頼りにしていた団体の一つだから影響は大きい」と懸念する声が出ている。
 「会長選には、政策だけでなく組織内の権力闘争も影響したのだろう」(閣僚経験者)との見方もある。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

「特定、解明に至らず」=長官銃撃で警視庁幹部(時事通信)
<花見>スカイツリーの下で 東京の新名所に(毎日新聞)
普天間、きょうにも閣僚協議(時事通信)
<普天間移設>「検討状況を説明」外相、米国防長官と会談(毎日新聞)
水俣病、2人を患者認定=新潟市(時事通信)
posted by シラカワ シゲミ at 01:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

知事あてに薬きょう郵送=朝鮮学校の扱いで批判文書も−兵庫(時事通信)

 兵庫県の井戸敏三知事あてに、実弾の薬きょう1個と、朝鮮学校への姿勢を批判する文書が郵送されていたことが26日、分かった。県警生田署は脅迫容疑で捜査している。
 井戸知事は高校無償化をめぐる朝鮮学校の取り扱いについて、「基本的に他の外国人学校と差を設ける必然性はない。拉致問題の解決などと引き換えにするような事柄ではない」などと発言していた。同署によると、文書はこうした知事の姿勢を批判する内容だったという。
 薬きょうなどが入った封書は23日に秘書課員が開け、24日に同署に届け出た。 

【関連ニュース】
サイトに上司の殺人依頼=パート女性、容疑で逮捕
脅迫容疑で元社員逮捕=外装社長に「殺す」電話
「家族殺す」と女子中生脅す=容疑で大学生逮捕
民主党に実弾?郵送=小沢幹事長を批判
脅迫容疑で市川市職員逮捕=「写真ばらまく」とメール

2010年度予算成立、社会保障関係費は9.8%増(医療介護CBニュース)
10年後の債務残高比率を重視=財政再建で論点整理へ−国家戦略室(時事通信)
<豪華客船>サン・プリンセスを報道陣に公開(毎日新聞)
北九州の鉄工会社社長、資材置き場で殺される(読売新聞)
菅家さんに無罪判決=18年余で名誉回復−足利事件再審・宇都宮地裁(時事通信)
posted by シラカワ シゲミ at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。