2010年05月28日

大学就職率、過去2番目の低さ 高校生も2年連続低下(産経新聞)

 今春の大学新卒者の就職率(4月1日現在)は91・8%と前年同期に比べ3・9ポイント減少したことが21日、厚生労働省と文部科学省の調査で分かった。調査を始めた平成8年度以降、「就職氷河期」といわれ過去最低だった平成12年度の91・1%に次ぐ低さで、同時期の下げ幅としては過去最大。高校生の就職内定率(3月末現在)も2年連続で下落し、前年同期比1・6ポイント減の91・6%となった。

 集計によると、大学生の就職率は男子は92・0%(前年同期比3・9ポイント減)、女子は91・5%(同3・9ポイント減)。短期大学は88・4%(同6・1ポイント減)、専修学校は87・4%(同4・4ポイント減)と軒並み下落している。

 地域別では九州地区が前年同期比2・9ポイント減の88・9%で最低。次いで北海道・東北地区が同2・0ポイント減の89・3%、関東地区が同6・1ポイント減の90・6%だった。

 一方、高校生の就職内定率は男子が同1・4ポイント減の94・1%、女子は同2・0ポイント減の88・2%だった。

 厳しい就職状況を受けて厚労省は同日、大学や短大、高校などを今春卒業した若者を1カ月間、試験雇用した企業に対し、1人当たり8万円支給している「新卒者体験雇用奨励金」の対象期間を3カ月間に拡充し、最大16万円を支給すると発表した。

【関連記事】
東大並み難関大、61歳おばちゃん入学 英語漬け「留学も挑戦」
大阪で専門学校が未内定者を受け入れ 就活再チャレンジを後押し
就職氷河期 活路は「大学→専門学校」
高卒求人倍率、昨年から半減 採用メド立たず
中国で大卒者300万人が就職難
中国が優等生路線に?

鉄球、水にプカプカ…特殊技術に注目(産経新聞)
吸血ヤマビル生息拡大、観光客の被害相次ぐ(読売新聞)
「省エネ大賞」など3事業廃止=公益法人仕分けスタート(時事通信)
針生一郎氏死去 前衛美術評論の草分け(産経新聞)
警部補ら2人懲戒免職=暴力団周辺から借金、腕時計―奈良県警(時事通信)
posted by シラカワ シゲミ at 15:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。